You are here: Home > >

情報処理を加速させたフレッツ光

情報化社会、ITなどの言葉が世にでて十数年たち、インターネットの環境やパソコンの性能は飛躍的に伸びてきた。このフレッツ光も技術革新の結果、生まれたものである。フレッツ光とは、光ファイバーケーブルを媒体とした高速通信のことをいう。このサービスは日本電信電話株式会社、つまりNTTが提供している、光ファイバーインターネットの商品名である。従来とくらべると大容量のデータを、一度に早く送受信ができる環境になった。
全国各地をこのような環境で繋ぐことで、多くのメリットを生み出してきた。たとえば、情報の収集と整理である。インターネットがまだ無い時代、中古車市場では車の価格が地方ごとで異なっていた。冬の初めごろになると北国では、力のある四輪駆動車に人気がでる。しかし、この情報は南の地方に伝えるには時間が経っていて、売るときには値が下がっていたりする。パソコンを販売店に置いてネット経由で情報をあげることで、瞬時に今の買取価格が判るようになった。
このようにフレッツ光または同等の回線を敷いたことで、温度差の無い買取価格をお客に提示できるようになった。今では、ネット上に買い取りサイトがあって、お店に行かなくても車の買取情報が判るまで発展している。これからより便利で回線速度が速いサービスが出てくると期待してしまうが、光ファイバーを使った回線は月額使用料が高い。従来のメタル回線と比べると約3000円ほど割高だ。今後は、技術革新による価格を抑えたサービスが始まることを期待する。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans