You are here: Home > >

子供の英会話学習は、右脳と左脳を使ったトレーニングを行うこと

単語を動作と共に教えて学習効果より大きく
子供に「英語は楽しい遊び」を認識植えなければならい。 「子供英会話、高速効果については、子供の右脳と左脳を同時に刺激しなさい。オックスフォード大学出版が主催した「オックスフォード?デイ(Oxford Day)」の行事が開かれた。 この会に子供英会話教材の世界的ベストセラーであるの著者リツコ中田(Ritsuko Nakata?写真)国際児童英語教育研究所の教師トレーニングセンター(IIEEC)代表が参加した。 中田代表は、米国で生まれ、アメリカコロンビア大学院でTEFL(外国語としての英語教授法)を専攻した日系アメリカ人である。 1996年に日本に帰ってきて、英語を教えることながら外国語としての英語を効果的に学習させるMAT式指導法を創案した。 氏は「ゲーム、音楽などの行動を重視するMATは、子どもたちが英語を外国語として学ぶEFL環境に適した教育方法である」と述べた。中田代表に会って、効果的な子供の英語学習方法と英語教育について語った。 - MAT式教授法とは何か。 教師がカードや物を例(Model)として提示して子供が動作(Action)に沿ってながら、英語を話す(Talk)は、意味に由来した英語教授法である。 たとえば、「Yes」と言うときは、両腕で円(O)をそして、「No」と言うときは、両腕でのX(X)を描くように単語を動作と共に教えて単に音で学ぶよりもはるかに簡単に単語を身につけることができる。このような方式は、動きと音を介して両方の脳を同時に刺激することによって、学習効果を高めてくれる。 この教育方法を開発したきっかけは。 日本で英語を初めて教え始めたとき、ネイティブスピーカーである私は、米国の学校で英語を学んだ方法で、日本の学生を教えるのが難しかった。
当時、日本の学校で英語の授業は1週間に1時間、1年に35?40時間程度であり、英語を外国語で学ぶ日本の学生に英語の授業をするには、時間自体が不足していた。
だから学生が授業内容を理解して集中的に言って、自分の練習することができる方法を見つける必要がありました。

教育的な効果はどうだったか。 英語の授業時間に学生が大声で英語を話すようになった自分の表現しようと努力した。
学生同士の相互作用をした英語の授業時間が早く過ぎた。
また、クラスの生徒に速度を強調した。英語を話すスピードとリズムを強調してみましょうと。学生は、ネイティブスピーカーのように自然な速度で話すようになった。

- 成人学習者にも適用することができるだろうか。 成人の学習者も行動をしながら英語を学ぶことが好きだった。
ジェスチャーや行動は、右脳に刺激を有効にするため、非常に重要である。
右脳に刺激を与え続けてくれれば、既存の情報を記憶する必要がある重要な情報であると認識する。
左脳を刺激するスピーキングの練習を繰り返すと、長期記憶の中に保存されている。また、ゲームを使用すると、成人の学習者たちも楽しさを感じて英語学習に集中することになる。 シリーズの成功要因はどのように分析しているか。 当時市場に教材はたくさんあったが、米国の子供や英語圏の国の子供たちのために作られた本がほとんどであった。 また、英語圏の国では、授業時間以外にも、英語の露出が行われるが、日本は違った。
主に英語の露出が授業時間にのみ行われて授業が終わった学生は、日本語世界で生きていくことになる。 だからシリーズは、学生が何も知らない状態で、新しい単語を学び、言葉を文章に入れてすぐに使用できるように構成した。
学生は、教材の内容を中心に質問や回答をしながら迅速に結果を体験することができたのが功を奏した。

- 英会話を効果的に教えようとする日本語の英語教師に助言する場合。 教師は若い学生を相手にしなければならないし、学生はどのような方法で効果的に学ぶか知るべきである。授業時間に学生を忙しくするほど興味もたれば問題が消える。
学生が授業内容を理解すれば、学習に集中することになる。
また、学生の多様な学習タイプを採用して、様々なカスタマイズされた活動を提供しなければならない。 たとえば、活動が好きな学生は、より活動的な内容で構成して、音楽が好きな学生は、歌をもっと歌うといった感じだ。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans